1歳4ヶ月の子供が歯磨きを嫌がるのはなぜなの?原因と嫌がられないための対応策まとめ

1歳4か月を過ぎると、歯磨きを嫌がる子供が多くいます。嫌がる子供に歯磨きをさせることは本当に大変です。

忙しい家事の合間に歯磨きさせようとしているのに、子供が拒否するといらだってしまうかもしれません。しかし、無理やり磨こうとしても子供にとっては逆効果です。

そこで子供が歯磨きを嫌がる理由とその対処法をお伝えします。子供の歯磨きに悩むママやパパ向けにさまざまなアイテムが販売されていますので、ここでご紹介する商品を試してみてはいかがでしょうか。

[toc]

歯は磨かないとダメなの?歯磨きって必要なもの?

 

歯磨きの目的は虫歯のもととなる歯垢(プラーク)を取り除き、いつまでも健康な歯を保つことです。歯垢は細菌の住処であり、歯垢1mg中に数億もの細菌がいます。その中に、歯を溶かすミュータンス菌や歯茎を攻撃する歯周病菌があり、口の中のトラブルを引き起こします。

乳歯はエナメル質が少なく、永久歯よりも虫歯になりやすいため、特に気を付けてあげてください。乳歯はどうせ抜けるので虫歯になってもいいのではないかと思う人がいるかもしれません。しかし、虫歯が神経にまで到達すると、永久歯の色を変色させたり、他の歯の向きを変えてしまったりします。

一般的に、乳歯が生え始めた頃から、ガーゼや綿棒で歯磨きの習慣づけを行うと良いとされています。慣れてきたら歯ブラシが異物感でないことを子供にわかってもらうため、歯ブラシを歯につける練習をします。

歯磨きの習慣は大人になっても大切なので、頑張って歯を磨かせましょう。もし子供が自分で歯磨きをしたがったなら、喉を付いてしまわないように座ったまま歯磨きさせて、ママやパパが仕上げ磨きを行います。小さい子供の場合、歯ブラシを加えたまま転倒してしまわないように、すぐ近くで様子を見てあげてください。

嫌がられないためにはどうすれば良い?歯磨きの重要ポイント

 

子供の口に合っていない大きな歯ブラシを子供の口に入れると「歯磨き=嫌なもの」というイメージが強くなります。そこで、子供の発達状態に応じた歯ブラシを選ぶことが大切です。

ヘッドの大きさが子供の前歯3本くらいのものがちょうどいいサイズです。子供の好きなキャラクターものの歯ブラシを選ぶと、歯磨きが楽しくなるはずです。歯ブラシを噛むクセのある場合、万が一、毛を飲み込んでしまっても害のないものを選びましょう。100%野菜ベースで製造されている毛を使用しているものなど、さまざまなものがあります。

また、うがいが苦手な子供にはうがい不要の歯磨き粉を使用してください。特にオススメなのが子供の歯を虫歯から守る成分「BLIS M18」の配合されたブリアン歯磨き粉です。発泡剤や殺菌剤など体に有害な成分が含まれていないので、口をゆすぐ必要がないのです。味もいちごヨーグルト味なので、歯磨きが楽しく、美味しくなるはずです。

1歳から3歳までの子供に仕上げ磨きをするときには、ひざを少し開いて正座して子供の頭を膝に乗せた「寝かせみがき」を行いましょう。ママやパパの顔が見えるので、子供は安心できるはずです。子供が痛がらないように歯磨きを優しく小刻みに動かします。

子供が楽しくなるために!歯磨きに慣れさせるためのポイント

 

毎食後、また就寝前など1日に2~3回磨いている人は多いでしょう。このため、子供に対しても1日2~3回磨かなければならないと思いがちです。しかし、嫌がる子供の歯をおざなりに磨いてしまうよりも、1日1回きちんと磨いた方が高い効果を得られます。

虫歯菌が歯を溶かすまでには数日以上かかるため、毎日磨き残しがなければ虫歯になる心配がないからです。毎日決まった時間に磨くことで、歯磨きを習慣化することができます。虫歯菌は唾液の減る夜間に増殖しますので、寝る前に磨くと良いでしょう。子供たちが歯磨きに慣れてきたなら、毎食後にも歯を磨くことをおすすめします。

また、褒める作戦も有効です。歯ブラシを口に入れられたとき、仕上げ磨きの間、大人しくしていられたとき、仕上げ磨きを自分でやる気になれたときなどに褒めてあげると子供たちも歯磨きを楽しいと感じられるようになるはずです。

なかなか自分で歯磨きをしようとしない場合には、音楽をかけて楽しい雰囲気を演出してみてはいかがでしょうか。

歯磨きがしたくなる!?楽しくなるためのお役立ちアイテム

子供が歯磨きを嫌がることで困っているママやパパは大勢います。このため、さまざまお役立ちアイテムが販売されています。たとえば動画サイトなどで歯磨きの歌や映像を多く見つけることができるでしょう。

最初は「何だろう?」と不思議に眺めていた子供でも、そのうち映像を見ながら一緒に磨き始める可能性が高いので、お気に入りの動画を一緒に探してみてはいかがでしょうか。そのうち、歯磨きしていないときでも歯磨きの歌を口ずさむようになるかもしれません。

動画は楽しそうに見るけれども歯磨きはしない場合には、お遊び用のシリコン製歯ブラシを渡してみると良いでしょう。歯磨きは嫌なものではなく楽しいものだというイメージをより強く持たせます。

また、子供に鏡を持たせて、今どの歯を磨いているのかを見えるようにすると、子供は自分の行為の意味を理解して歯磨きへの抵抗をなくしていきます。

嫌がる子供でも大丈夫!歯磨きが楽になるブリアンがおすすめ

 

子供が嫌がるからといって歯磨きせずにいると、虫歯を作ってしまい、場合によっては永久歯にまで影響を与えてしまいます。

子供のうちに健康な歯を保つことは親の責任です。歯磨きを嫌がる子供の多くが「歯磨き=嫌なもの」というイメージを持っています。このため、歯磨き用の歌や映像、おもちゃ用の歯ブラシなどさまざまなアイテムを使って、そのイメージを払拭してあげてください。

特にオススメできるアイテムがさまざまなメディアで取り上げられている「ブリアン歯磨き粉」です。ブリアン歯磨き粉には、虫歯になりづらい子を対象としたニュージーランドの研究から発見されたBLIS M18という善玉菌が入っているので、高い虫歯予防の効果が期待できます。

子供の好きないちごヨーグルト味なので、子供の方から進んで歯磨きをするようになるかもしれません。通販限定商品なので、公式サイトからチェックしてみてください。

コメント