赤ちゃんの歯磨きはいつから始めるべき?磨き方とコツまとめ

赤ちゃん 歯磨き いつから

赤ちゃんの歯は生後3カ月から9カ月頃に生え始めてくると言われています。

 

乳歯が生えても、離乳食など固形物を食べているわけではないので中々いつ歯磨きを始めればよいか目安がわからないママも多いのではないでしょうか。

 

また歯を磨こうとしても、赤ちゃんが嫌がったりして上手に磨けず諦めてしまう方も少なくないでしょう。

 

赤ちゃんの歯磨きを始めるのはいつからがよいのでしょうか。上手に磨けるようにするにはどのようにすればよいのかご紹介します。

そもそも赤ちゃんに歯磨きは必要なものなの?歯を磨く意味は?

赤ちゃんの口内は産まれてきたときには無菌状態。

 

虫歯の原因と言われているミュータンス菌は、生後1歳2カ月ごろの奥歯が生え始めたころに近親者から感染すると考えられています。

 

離乳食を始めると、歯に汚れがたまりやすくなり、それをミュータンス菌がエサとして繁殖し虫歯や歯周病を引き起こします。

 

そのため、赤ちゃんでも歯を磨くことは大切なのです。

 

しかし、上記を見ると無菌状態を保つことができれば歯磨きをしなくてもよいのではないかとも思う人もいるでしょう。赤ちゃんは初めは無菌ですが徐々にあらゆる環境から口内細菌を取り込んでいきます。

 

全てが悪い菌ではありませんが、菌が増えてくる時期に急に歯磨きを始めようとしても赤ちゃんは嫌がってしまいます

 

口の中に突然歯ブラシを入れても、なかなか歯磨きをさせてもらえません。赤ちゃんの歯磨きは、本当に歯磨きを必要とするまでのトレーニングでもあるのです。

赤ちゃんが歯磨きを始めるタイミング!いつからがベスト?

それではトレーニングを兼ねた上で、いつから赤ちゃんに歯磨きを始めるのが良いのでしょうか。

 

赤ちゃんに慣れさせることを考慮すると、前歯が生え始めたときから歯ブラシを持たせるトレーニングをすると良いでしょう。清潔な手で顔や口周りなどを触れて、口周りに触れられることにならすのが大切です。

 

歯が生え始めのときは、ガーゼや歯磨きクロスで軽く歯を磨いてあげるのも良いでしょう。しかし、この時期は無理をして歯磨きをする必要はありません。

 

 

ムリに磨いてハブラシの柄で歯を欠いてしまっては、元も子もありません。

 

 

歯磨きに対する抵抗を極力抑えるようにするのが目的です。また、早めに慣れさせておくと、いざ歯磨きを始めたいときに赤ちゃんが抵抗して親がイライラしてしまうのを抑えることにつながります。

 

早めにケアの練習をさせることで、奥歯が生えてくる1歳2カ月ごろには歯磨きをイヤイヤすることも減ってくるはずです。

 

歯磨きのタイミングは早くて悪いことはないということを覚えておきましょう。

ケース別!歯のケア方法と磨く際のポイント

歯の磨き方は赤ちゃんの歯の生える時期によって変わってきます。赤ちゃんの下の前歯が生え始めたときは、汚れは唾液のおかげでたまりにくい状態になっています。

 

1日に1回程度、食事の後にガーゼを使用して歯を拭いてあげましょう

 

汚れを落とすというより、優しく拭いてあげることで歯磨きのきっかけを作ります。また、歯ブラシをかたどった歯固めなども販売されているので、赤ちゃんに持たせるのも効果的です。

 

上下2本ずつ歯が生えてきたらブラッシングを始めます。

 

赤ちゃんのペースで歯を磨いてあげましょう。まだ、うがいはできないので歯磨き粉を使う必要はありません

 

水で軽くぬらして赤ちゃん用の歯ブラシを使用しましょう。ゆすぐ必要がないフッ素剤や歯磨き粉を使用するのも良いでしょう。

 

関連記事ブリアンは赤ちゃんも使える歯磨き粉。2歳からスタートした結果

 

上下4本ずつ生えてきたら、寝る前の歯ブラシを習慣化させます。

 

奥歯が生えてくると虫歯リスクが急に高まるので、念入りにブラッシングをするように心がけましょう。

 

食後に歯磨きをして、習慣化させることが大切です。

歯磨きの注意点!やってはいけないことって?

赤ちゃんの歯磨きには注意をしなければいけない点が3つあります。

 

赤ちゃんの歯磨3つの注意点
  • 固い歯ブラシを使わない
  • 力を入れ過ぎない
  • 大人用の歯磨き粉は使わない

 

それは『固い歯ブラシを使わない』『強く磨かない』『大人用歯磨き粉を使用しない』です。

赤ちゃんの乳歯は大人と違い、とてもデリケートで柔らかいです。そのため、固い歯ブラシで強く磨いてしまうと削れ過ぎてしまう。汚れは落ちますが、落とさなくていいエナメル質などを削り落としてしまう可能性もあります。

 

大人用歯磨き粉には研磨剤が多く入っていたり、赤ちゃんが好まないミント味などであったりと赤ちゃんにとって良くない成分なども入っているので注意が必要です。

 

大人用だからといって、必ずしも効果が良いわけではないので、赤ちゃん専用の歯磨き剤を使用するようにしましょう。

歯に異常!歯医者に行かなければならないケースは?

赤ちゃんの歯に気を配ることで、もし歯に異常があった場合にすぐに対処をすることができるようになります。赤ちゃんに起こる歯の異常とは何があるでしょうか。

 

まずは歯が生えてこないケースです。

 

乳歯は1歳くらいまで生えてこなくても焦る必要はありませんが、1歳3カ月を過ぎても生えない場合は歯医者に相談したほうが良いでしょう。

 

同時に生える順番が一般的な順番と大きく異なる場合も歯医者に行った方が良いとされています。大きく生える順番が変わってしまうと、将来の歯並びに影響を与える可能性があるのです。

 

産まれたときから歯が生えている場合もあります。

 

特に問題はないのですが、ママがおっぱいを与えるときに赤ちゃんがかんでしまい乳腺炎を引き起こす可能性がありますので、歯をコーティングするなど対処してもらうことで予防することが可能です。

 

他にもエナメル質が形成されずに歯が茶色や黄色に見えることや、歯が結合してしまう『癒合歯』など異常が起こる可能性があります。

 

何か変だなと感じたら歯医者に相談するように心がけましょう。

嫌がられない磨き方はある?嫌がる時の対処法も知りたい!

それでは実際に赤ちゃんに歯磨きをするとして、嫌がられない方法はあるのでしょうか。

 

赤ちゃんに限らず、口の周りや歯を直接他人に触れられるのは誰もが抵抗を感じるでしょう。そのため、赤ちゃんも歯磨きをイヤイヤすることが多いのです。

 

先ほど記載した、早い段階から慣れさせることが有効ですが、それでも遊びたい欲求などが勝ってしまい歯磨きを嫌がることはあります。

歯磨きを嫌がらなくするためには、歯磨きを楽しいことと思わせることが大切。赤ちゃんと歯磨きをするときは、楽しく遊び感覚で行いましょう。

 

歌を歌ってあげたり、お人形と一緒に歯磨きをしたりするなどです。

 

ムリに歯磨きをせず、ちょっとずつ磨いていくことが大切です。

 

嫌な雰囲気にならないように気を付けながら歯磨きを行いましょう。

歯磨きに慣れてもらおう!実践してみるべきテクニックは?

それでは実際に歯磨きに慣れるためのテクニックをご紹介します。

 

子供向け番組や子供向け教材にある、歯磨きの歌を歌いながら歯磨きをすると楽しく歯磨きができます。

 

映像などが一緒についていれば、赤ちゃんはそれを真似るので歯磨きが楽しいと思えるのです。また、パペットを利用するのも良いでしょう。

 

パペットが歯磨きをするしぐさをすると赤ちゃんは歯磨きに興味を持ちます。

 

一番の理想の実践テクニックとしては、パパやママが楽しそうに一緒に歯磨きをすることです。

 

どうやって歯磨きをするのか、また歯磨きが良いことだということを見本で見せると、赤ちゃんは興味をもってやろうとします。

 

このとき、赤ちゃん用歯ブラシを持たせて一緒に真似させてみるのも良いでしょう。そして最後はしっかりとママが仕上げ磨きが大切。

歯磨きの回数は決まっている?時間帯は関係あるの?

赤ちゃんが歯磨きをする回数は特に決まっていませんが1日に1回から3回行なうのが理想でしょう。

 

押さえておきたい時間帯は朝起きてからと夜寝る前です。しかし、必ず赤ちゃんがその時間に歯磨きをしてくれる保証はありませんので、赤ちゃんの機嫌が良いタイミングで行うようにしましょう。

 

まずは習慣化させることと、歯磨きを嫌がらなくすることが大切です。

 

慣れてきて歯磨きを嫌がらないならば、朝と寝る前、それと昼食後に歯磨きを行うようにしましょう。ただし、歯磨きのし過ぎは良くありません。あまり過剰にしては、エナメル質を削ってしまう可能性があります。

 

歯の形成をする時間帯も大切なので、1日多くても3回までを目安に行うとよいでしょう。

歯ブラシや歯磨き粉は?選ぶ際の注意点はある?

赤ちゃんの歯をブラッシングするときに使用する歯ブラシや歯磨き粉選びも重要です。大人用の歯ブラシや歯磨き粉は使用してはいけません。

歯ブラシの場合、小さいヘッドの歯ブラシで毛先は柔らかいものを選びましょう。

幅は生えている歯2本分が理想と言われています。あまり大きすぎては磨き残しや歯磨きが嫌いになる原因になってしまいます。赤ちゃんに握らせる場合は握りやすく柄が短いものが良いでしょう。歯ブラシが口の奥に行かないようにストッパーが付いている歯ブラシもあります。同様のヘッドの形状と毛先の柔らかさで、大人が仕上げをするようの仕上げブラシも必要です。

 

歯磨き粉はうがいが必要のない、キシリトール配合やフッ素配合歯磨き剤が販売されています。殺菌剤や発泡剤を含まない粉タイプやジェル状タイプも。

正しいタイミングで歯磨きデビューを!磨き方もマスターしておこう

赤ちゃんの歯磨きは、早くから始めることでスムーズに歯磨きをしてくれるようになります。

 

正しい歯磨きを教えるためにも、長い目で大人と一緒に歯磨きをすることが大切なのです。必ず歯磨き後は仕上げ磨きをしてあげ、正しい歯磨きが身に付くようにしてあげましょう。

 

赤ちゃんや幼児はママやパパと一緒に歯磨きをするだけで楽しいと思ってくれるはずです。

 

赤ちゃんの奥歯が生え始めたときから3歳位までに、虫歯菌が定着するかどうかが決まってきます。そのため、この時期に虫歯菌を抑制する善玉菌を口内に定着させるためにも歯磨きは重要です。また、それをサポートする歯磨き粉も大切になってきます。

 

ブリアンは虫歯になりづらい子供達から発見された菌で作られている歯磨き粉なので、虫歯の予防に効果的と評判が高いです。

 

【初回65%off】ブリアン歯磨き粉ー公式HP

※今すぐ子供の口を守りたい方向け

 

赤ちゃんのときから歯のことを考え、健康な歯をつくっていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました