ママも泣きたい… 子どもが歯磨きを嫌がって泣く!赤ちゃんの歯のために歯磨きを好きになってもらう方法

赤ちゃんの歯を虫歯から守ってあげるには日々の歯磨きが欠かせません。

せっかく虫歯を予防しようとがんばっているのに肝心の赤ちゃんは歯磨きを嫌がって大暴れ…なんていうことはよくある話です。

我が子のことを思っての行動なのに毎日拒絶されると途方に暮れてしまいますよね。

それに、歯磨きができずにいる間に虫歯が進行しているかも?などと思うと不安にも襲われます。

ここでは赤ちゃんが嫌がらない歯磨きのテクニックやそのためにおすすめのグッズなどについて紹介をしていきます。

赤ちゃんのため?嫌がる我が子を押さえつけて歯磨きするのはアリ?

赤ちゃんの歯を磨きたいのに本人がどうしてもさせてくれないとなるとママが力づくでもという話になりがちです。

あまりにも赤ちゃんの抵抗が激しい場合にはパパが足を押さえつけてその間にママが口をこじ開けて磨かざるを得なくなってしまうかもしれません。

しかし、そんなことをすると赤ちゃんは歯磨きに対してトラウマになってしまう可能性があります。そうなると、成長したときに歯磨きの習慣を身につけさせるのが大変です。

歯磨きはつらくて嫌なものだという気持ちが子どもの心の中に残り、歯磨きをひとりでするようになっても雑な磨き方しかしないようになる可能性が高まります。

また将来のことはおいておくとしても、力づくによる歯磨きは口の中を歯ブラシで傷つけたり、赤ちゃんが自分で自分の舌をかんだりといった事故にもつながりやすく危険です。

まずは「どうして赤ちゃんがそこまで歯磨きが嫌がるのか?」その理由を探って原因となるものを取り除いてあげるのが先決といえます。

そもそもなぜ?赤ちゃんが歯磨きを嫌がる理由

赤ちゃんが歯磨きを嫌がるのにはさまざまな理由が考えられます。

まず歯磨きをする力が強すぎる可能性があります。

赤ちゃんの歯を磨く場合、自分の歯を磨く感覚で力を入れると強すぎです。

特に歯ブラシがかたかったり赤ちゃんの歯とサイズが合っていなかったりすると痛みを感じやすくなります。

また、痛みはなくても歯や歯茎に歯ブラシが当たる感覚が気持ち悪く感じたり、口の中にかたいものが入ること自体に拒絶反応を覚えたりするケースもあります。

それに、ずっと口を開けていると唾がたまってきて苦痛に感じるものです。そういう場合はタイミングを見計らって唾を吐きだすように促してあげなければなりません。

さらに、口の中にものを突っ込むと条件反射で嘔吐感を催すことがあります。

その感覚が嫌で歯磨きを拒否しているとも考えられます。

そして、見落としがちな原因がママの表情です。

虫歯にならないようにきれいに磨こうとするあまり、一生懸命になりすぎて赤ちゃんから見れば怖い顔になっている場合があります。

しかも、赤ちゃんが嫌がるので押さえつけて磨こうとすると恐怖心を余計にあおる結果になり逆効果です。

他にも、ごはんを食べて眠たくなって歯を磨くのを嫌がるケースなどがあります。

赤ちゃんへの負担が少ない歯磨きグッズ

赤ちゃんを歯磨き嫌いにしないためには、赤ちゃんに合ったグッズをそろえることも大切です。

例えば、歯ブラシはかたいものだと痛みを感じやすいので赤ちゃん用のやわらかい歯ブラシを用意する必要があります。

また、ギザギザのカットも痛みの原因となるため、必ずフラットなタイプを選んでください。

それから、口に入れても嘔吐反射が起こりにくいように、ヘッドはなるべく小さいものの方がよいでしょう。

もし、小さいサイズがなければ奥歯用の歯ブラシを使ってみるのもひとつの手です。

さらに、歯を磨いているときはそれとは別に、マイ歯ブラシを握らせれば、次第に親しみを覚えてストレスも軽減されるでしょう。

一方、歯磨き粉はキッズ用のジェルタイプがおすすめです。

このタイプは誤飲しても安全なように発泡剤や研磨剤が入っていません。

それに、泡で口がいっぱいになるのを嫌がる赤ちゃんもいますし、未成熟でやわらかい赤ちゃんの歯を研磨材で削り過ぎると逆に歯垢がこびりつく原因になってしまいます。

つまり、たとえ誤飲することがなかったとしても、赤ちゃん用の歯磨き粉には発泡剤や研磨剤は含まれていない方がよいのです。

次にフレーバーに関してですが、これはイチゴ味やオレンジ味など赤ちゃんが好む甘いものがよいでしょう。

ちなみに、ミント味は拒絶反応を示す赤ちゃんが多いため、そういう意味でも大人用の歯磨き粉は使わない方が無難です。

他に、歯磨きグッズとしておすすめなのがデンタルフロスです。

歯がまだ少ないうちは必要ありませんが、生えそろってくると歯の間の汚れが気になってきます。

乳歯の場合は歯と歯の間から虫歯が広がっていくケースも多いのです。そこで、デンタルフロスを使えば歯の隅々まできれいにすることが可能です。

ただ大人用では大きすぎるので必ず子ども用のデンタルフロスを使うようにしましょう。

赤ちゃんの歯磨きは痛いと感じないくらいの強さで!

赤ちゃん用の歯磨きグッズがそろえば次は磨き方ですが、まず、歯ブラシの柄はペンを持つように握るのがコツです。

そうすれば余計な力を入れずに毛先を細かく動かすことが可能になります。

とにかく、きちんと磨いてあげたいと思うあまり過剰な力を入れないことが大切です。

必要以上に力が入るとそれが痛みとなって伝わり、赤ちゃんにとってはストレスを感じるようになります。

それに特に力を入れなくても毛先さえしっかり歯に当たっていれば案外汚れは落ちるものです。

ちなみに、赤ちゃんの歯を磨くときの力の目安は100グラム~150グラム程度だと言われています。

1度はかりに歯ブラシを押し当てて、100グラムの力がどのぐらいの感覚なのかを体験してみればよいでしょう。

また、具体的な歯の磨き方としては、歯の面に直角に毛先を当てて小刻みに横に磨くのが基本になります。

逆に、毛先を斜めに当てて強い力で磨くと赤ちゃんには嫌がられる上に、汚れが落ちにくくなって非効率です。

そして大事なのは歯の部位によって磨き方を変えていくことです。

例えば、上の前歯を磨くときは小指と薬指を赤ちゃんの頬に沿わせて固定します。

それから、残りの3本の指で歯ブラシをペンのように持ち、指先の動きだけで歯を磨いていきましょう。

また、下の前歯を磨くときも基本は同じですが、小指と薬指は頬ではなく、顎に沿わせて固定します。

さらに、奥歯を磨くときは歯ブラシを持っていない方の人差し指で口の端を少し広げ、その上で、小指と薬指を頬に沿って固定します。

さらに、赤ちゃんの歯を磨くときは磨き方だけではなく、赤ちゃんの姿勢も大切です。

磨きやすさという意味では赤ちゃんを仰向けにして、その頭を膝の上に乗せるのがベストでしょう。

しかし、いつもと違う姿勢を強要すると赤ちゃんが不安がるおそれがあります。

最初はおっぱいを与えるときのような慣れ親しんだ姿勢で歯磨きを行い、赤ちゃんの警戒心を解いてあげることを心がけましょう。

イヤイヤせずに歯磨きをしてもらうための工夫

歯磨きに関わらず、ママが気をつけなければならないのは子育てに真剣になるあまり、子どもに怖いと思われないことです。

眉間にしわを寄せて黙々と歯磨きをしていると赤ちゃんはその表情に恐怖心を覚え、それが習慣化すると歯磨きが始まるたびにイヤイヤをして拒絶するようになります。

しかし、これは歯を磨くときにママから赤ちゃんに話しかけ、楽しい雰囲気を作ってあげることで回避できます。

赤ちゃんの好きな歌を歌ったり、好きな音楽を流してあげたりして歯磨きは楽しいものだという印象を刷り込んでいきましょう。

うまくいけば、赤ちゃんの方から歯磨きの時間が待ち遠しいという態度を見せるようになります。

あとは最初からあまり完璧を目指さないことです。

食事のたびに歯を磨くとなると赤ちゃんのストレスはどうしても増大していきます。

それに、歯が生えそろうまでは隙間に汚れがたまることもなく、そこまで完璧に磨かなくても歯の健康は維持できるものです。

しかがって、最初は1日1回しっかり歯を磨いてあげることを目標にし、あとは食後にお茶を飲ませるだけでも虫歯対策としては十分です。

そして、時間をかけてゆっくりと歯磨きの回数を増やしていくようにすればよいでしょう。

楽しく歯磨きできちゃう!おすすめの赤ちゃん歯磨きグッズ

いろいろ工夫しても赤ちゃんの歯磨きは難しいと感じた場合は、それをアシストしてくれるグッズが発売されているのでそれを試してみましょう。

まず、普通の歯ブラシで磨くのが難しければ「フィンガー歯ブラシ」を使ってみるのはいかがでしょうか。

指サックの先にブラシがついているという作りになっていて歯と歯茎の感触を直接感じながら磨くことができます。これなら力を入れすぎて赤ちゃんの歯や歯茎を傷付けてしまう可能性も低いでしょう。

また、「リッチェルミッフィー乳歯ブラシセット」は赤ちゃんの歯磨きトレーニングにぴったりの歯ブラシです。

いずれはひとりで歯を磨くことになるので赤ちゃんの間から歯ブラシに慣れ親しんでおいた方がよいのですが、通常のものを渡すと自分で喉をついて事故につながる恐れがあります。

その点、この商品であれば喉突き防止プレートがついているので安心です。その上、かわいい色合いとミッフィーをかたどった柄のデザインで赤ちゃんが興味を持つように工夫がこらされています。

さらに、「シースター ベビースマイル こども用電動歯ブラシ プチブルレインボー」という商品は、0歳から使える電動歯ブラシです。

毎分16,000回も振動する音波式電動歯ブラシで軽く当てるだけで歯をきれいに磨いてくれます。

しかも、スイッチを押すことでレインボーライトがピカピカ光り出すため、赤ちゃんはその光に興味を引かれ、歯磨きを嫌がらなくなる可能性が高いのです。

美味しくて習慣に!?イチオシの歯磨き粉はブリアン

赤ちゃんを虫歯から守るグッズの中でも、特に注目度の高いもののひとつとして粉状歯磨き粉の「ブリアン」があります。

これは従来のものとはまったく異なる発想で開発された歯磨き粉です。

従来の歯磨き粉はその中に殺菌剤を混ぜ、それを使って磨くことで歯に付着した虫歯菌を殺してしまおうというのが基本的な考えでした。しかし殺菌剤は虫歯菌を殺す代わりに、口の中に含まれる善玉菌も殺してしまいます。

赤ちゃんを虫歯から守るつもりが、逆に虫歯ができやすい環境を整えてしまう側面もあったのです。

それに対して、ブリアンに含まれているのは殺菌剤ではなく、善玉菌の一種である「BLIS
M18」です。

これで歯を磨くと口の中の善玉菌が増え、悪玉菌が住みにくくなる環境にしていく効果があります。それに、BLIS M18は非常に細かい粒子でできているため、歯ブラシの毛先が届きにくい歯の間や歯茎の中にも入り込んで歯垢を取り除いてくれます。

また、赤ちゃんは歯を磨いた後に、水を使って口をすすぐことができないので殺菌剤入りの歯磨き粉よりも乳酸菌の一種であるBLIS M18入りのブリアンを使った方が安心です。

さらに、ブリアンの味は子どもが大好きなイチゴ味を採用しているため、赤ちゃんが喜んで使ってくれる点もメリットだと言えるでしょう。

まさに赤ちゃんの歯を守ることと歯磨きを好きになってもらえる一石二鳥な歯磨き粉ですね。

関連記事【驚愕】ブリアン口コミは嘘?効果を実際に2歳の息子に使って評価した結果

まとめ

赤ちゃんに歯磨きをしようとしてもなかなかうまくいかず、気が重いという人も多いのではないでしょうか。

しかし義務感だけで必死に歯磨きをしていると赤ちゃんにもそれが伝わり、ますます歯磨き嫌いになってしまう可能性があります。

それを避けるには、歯磨きはママと赤ちゃんとのスキンシップの時間だと心がけていかに楽しい雰囲気を作り出していくかが大切です。

最初から歯をきれいで完璧に磨くことにこだわるのではなく、まず、赤ちゃんは歯磨きの何が苦手で、どうすれば歯磨きを楽しんでくれるかを一緒に考えていきましょう。

例えば、歯を磨いているときに歌を歌ってあげたり、赤ちゃんも楽しめる歯磨きグッズを使ってみたりするのもひとつの手です。

くれぐれも、嫌がる赤ちゃんに対して歯磨きを力ずくで行い、大きくなってからも歯磨き嫌いが治らないなどということがないようにしたいですね。

赤ちゃんとママがスキンシップをしているうちに、赤ちゃんも次第に歯磨きの時間が楽しみになってきて歯を磨くのにも協力的になってくれるはずです。

コメント