クリニカキッズハミガキはうがい必要?フッ素濃度は?飲み込んでも?

クリニカキッズハミガキは子供用歯磨き粉でもド定番の歯磨き粉と言えますよね。

 

歯磨きデビューや仕上げ磨きに!とメーカーページでも記載されているので、購入を検討している方も多いのではないでしょうか。

ですが子供用歯磨き粉の成分を気になるお父さん・お母さんは多いもの。

 

わたしもその一人です。

クリニカキッズハミガキよりもクリニカキッズジェルがオススメです。

クリニカキッズハミガキのうがいの有無やフッ素濃度、何歳から使えるのか、クリニカキッズジェルとの違いもまとめました。

クリニカキッズハミガキはうがいが必要?何歳から使える?

クリニカキッズハミガキは3歳からというよりも、うがいができるようになってからがいいと判断し購入を見送りました。

 

個人的にはNGです。クリニカキッズハミガキは添加物ゼロというわけではないので。

 

クリニカキッズハミガキの使用年齢の目安はありません。次で詳しくまとめました。

クリニカキッズハミガキはうがいができるようになってから

クリニカキッズハミガキは定義するべく、使用年齢の目安は表示がありません。

 

ライオン公式ホームページに下記のような記載がありました。

ハミガキ剤は食べ物ではありませんから、飲み込まないように注意してあげてください。

最低限うがいのできる年齢は個人差もありますが、2歳~3歳くらいでしょうか。

しかしフッ素濃度が500ppm以上。
うがいができ、飲み込まない3歳児以上で、使用量は乳歯磨き用ブラシの1列目が適量と判断が必要だと思いました。この3つの点がクリアできれば使用上に問題なさそうです。

 

個人的にクリニカキッズハミガキは、歯磨きデビューに向いた歯磨き粉とはいいがたいですね。せめてジェルタイプでしょうか。

 

クリニカキッズハミガキはフッ素が入っているので、医薬部外品の薬用歯磨き粉になっています。

子供用歯磨き粉は基本的に大人用歯磨き粉を成分構成はほとんど変わりません

そしてフッ素濃度も1500ppm以上は6歳以上というだけで具体的な掲載指示はないそうです。

 

ですからイクメンなら子供用歯磨き粉は、ハブラシに塗布できる歯磨き粉量も理解しておく必要大!

 

はじめにクリニカキッズハミガキの成分をチェックしました。

クリニカキッズハミガキの成分やフッ素濃度をチェックした

クリニカキッズハミガキの成分とは?

クリニカキッズハミガキは「フッ素+酵素」で虫歯を予防できる!とメーカーのホームページには書いています。

本当に安全なのでしょうか。

クリニカキッズハミガキの成分は下記の通りです。

湿潤剤・・・ソルビット液、グリセリン、PG/香味剤・・・香料(グレープタイプ)/キシリトール/粘結剤・・・CMC・Na/粘度調整剤・・・カラギーナン、ポリアクリル酸NapH調整剤・・・クエン酸Na、クエン酸薬用成分・・・フッ化ナトリウム(フッ素)安定剤・・・グリセリン脂肪酸エステル

ラウリル系の硫酸系成分は配合されてませんが、PG(ポリエチレングリコール)が配合されています。

 

歯磨き粉の中でも注意成分と言われているのが、硫酸系成分に続いてPG(ポリエチレングリコール)。

 

もうひとつ気になるのが、クリニカキッズハミガキのフッ素濃度ですよね?

 

クリニカキッズハミガキは、飲み込んではダメってことですよね。そして具体的なフッ素濃度も書いていません。

 

クリニカキッズハミガキのフッ素濃度は?

クリニカキッズハミガキはメーカーページにもフッ素濃度の記載がありません。

 

クリニカキッズハミガキは小児歯磨き剤フッ化物配合に関する調査を参考にすれば、900ppm以上のフッ素濃度と判断できます。

 

クリニカキッズハミガキは子供用歯磨き粉成分が気になる親御さんには、お子さんの成長に合わせて選んで欲しいなというのが正直な感想です。

 

あと記載指示がなくてもメーカーページには書いておいてほしいなって思います。

フッ素濃度は100pmからありますが、虫歯予防に適しているのは500ppm以上のフッ素濃度が必要だと言われています。

うがいの必要のない歯磨き粉は?

うがいが必要のない歯磨き粉に多いのが、低発泡や泡立たない歯磨き粉を選ぶのがオススメです。

低発泡に多いのがジェルタイプ。

では飲み込んでも問題ないと言われるフッ素濃度はどのくらいか知っていますか?

飲み込んでも体に影響がないと言われれているのが、フッ素濃度が500ppm考えられています。

 

ハブラシに歯磨き粉をどの程度つけるかによるので、結局は大人の責任。塗布量を調整する必要はあります。子供が好きなだけというわけにはいきません。

 

うがいが不要な歯磨きジェルについて紹介します。

クリニカキッズハミガキ同様、成分に気を配り飲み込んでも安全で、多くの子供の安全を気にしているお父さん、お母さんに人気のフッ素が配合されている低発泡タイプのジェルは下記です。

 

500ppm以下のフッ素濃度ジェルといえば、
  • クリニカキッズジェル
  • テテオの歯磨きジェル
  • ピジョン歯磨きジェル

 

が安全に使える500ppmフッ素歯磨き粉と言えます。

 

クリニカキッズハミガキ同様ですが、子供用歯磨き粉を選ぶ理由は親御さんの考えだと思うのですが、歯が生えたら歯磨き粉というのは正直違うと思っています。

どちらかというと歯磨きに慣れてもらう。というのが第一だからです。

クリニカキッズハミガキのようなフッ素ペーストは、歯質強化にむいていますが低発泡の歯磨きペーストで子供が歯磨きを嫌がることもありました。

 

我が家の子供は低発泡のシュワシュワ感やスースーが嫌で歯磨きしなかったみたい。大人じゃほとんど気にならないんですけどね

 

アンパンマン歯磨き粉で歯磨きが悪夢に変わったもご覧ください。

2歳児がアンパンマン歯磨き粉で歯磨きが悪夢に変わった件
アンパンマンは子供に大人気キャラクターといってもいいのは周知の事実。 アンパンマン歯磨き粉は子供用歯磨き粉をオススメして紹介している子育てサイトも多くあり、アンパンマンなら大丈夫という認識でした。 うがいができない子供も...

 

クリニカキッズハミガキよりもクリニカキッズジェルがハミガキスタートにオススメ

間違いやすいですが、子供の歯磨きスタートに選ぶならクリニカキッズジェルです。

クリニカキッズジェルで検索しても、クリニカキッズハミガキが出てきたりと紛らわしい限りなので、比較表にして違いをまとめました。

クリニカキッズジェル

画像

クリニカキッズハミガキ

画像

成分食品使用成分ラウリル硫酸ナトリウムなど
虫歯予防成分フッ素、キシリトールフッ素、酵素
フッ素濃度500ppm900ppm
うがいの有無ありあり
フレーバーいちご、グレープいちご、グレープ、ピーチ
年齢うがいができるようになってからうがいができるようになってから
ハミガキデビューにオススメ🔺

クリニカキッズジェルは、食品成分で飲み込んでも心配が少ないのが魅力!

 

 

どうしても歯磨きデビューで使いたい場合は、ガーゼで拭き取るや口のすすぎの練習と合わせてみてはいかがでしょうか。

歯磨き粉は吐き出せるようになってから、年齢やお口の状態に合わせて選ぶべき商品。

苦味や辛味をハミガキのデビュー段階で感じると、歯磨き自体が嫌になる可能性もあるので注意が必要です。

まとめ

クリニカキッズハミガキをまとめると、

  • 何歳から:3歳~もしくは口のすすぎができるようなったら
  • フッ素濃度:900ppm以上
  • 成分について:合成界面活性剤、PG(プロピレングリコール)が入ってる

 

とにかくクリニカキッズハミガキは飲み込まないと考えるべきだと思いました。

 

毎日使うものだからこそ、成分に目を向けるべきだと考えています。

フッ素も成分もとにかく、飲み込んでも安全な歯磨き粉を選びたい!いうお父さん、お母さんには同じく「酵素に+善玉菌」で虫歯に負けない強いお口を作れると話題の「ブリアン」という歯磨き粉もあります。

 

乳歯が生えてすぐでも使え、飲み込んでも安全な歯磨き粉なのでお試ししてみていいかもしれません。

 

関連記事実際にブリアンを使い評価しました

 

歯磨き粉は子供の成長とともにステップアップして、選ぶのが上手な歯磨き習慣を身に着ける最短距離です。

コメント