【1分で削除】Microsoft Teamsをアンインストールする方法

microsft teams アンインストール
この記事は約3分で読めます。

microsoft teamsが勝手に起動するので、アンインストールしてスッキリ削除してしまう方法を紹介します。

勝手に起動する

 

何度かmicrosoft teamsを削除したくて、Google先生に聞いてみましたが、スッキリできる回答がなかったので私が解決した方法!

 

OS:「windows10」
「microsoft office 365®」

がインストールされているPCが該当です。

 

microsft temasはこういうソフト。どういうソフトか気になる人は読んでみてもいいかもしれません。そもそもtemasは、「Microsoft 365 Education」というモデルで実装されているソフトみたいです。

業務で利用している場合は、クラウドベースのグループウェアを利用したり、チャットワークなどを利用する事例が多いので触れることはほとんどないかもしれません。学校でも触るのかな?

 

画像付きで時系列に紹介します。microsoft teamsをアンインストールしたい、勝手に起動して嫌なんだけど!という人はぜひお試しください。

microsft teamsのアンインストールの方法

タスクバーの左下一番奥の旗マークを右クリック

左下を右クリック

アプリと機能(F)

アプリと機能

アプリと機能の画面が表示されたら、
アンインストールするアプリ名を検索します。

検索フィルタ

「このリストを検索」へ

「teams」

と半角英数で入力。

すると・・・

「microsoft Teams」
「Teams Machine-Wide installer」

二つが検索されます。

今回アンインストールが必要なのは上記の二つとなります。

もしも「microsft Teams」だけをアンインストール後、再起動すると勝手に起動してしまうのは、「Teams Machine-Wide installer」もアンインストールしていないからでした。

両方をアンインストールして削除が完了したのか、Windows10を再起動してしみます。

勝手に起動しない?

microsft Teamsが勝手に起動され、サインイン画面が表示されなくなればOK。

毎回PCを起動したり、再起動をするたびにサインイン画面がでて面倒だよ!という方はぜひお試しください。

まとめ

microsoft teamsのアンインストールする方法をまとめると、アプリと機能から2つを削除する必要がありました。

 

  • 「microsoft Teams」
  • 「Teams Machine-Wide installer」

 

リストからスクロールしながら探すこともできますが、「teams」で検索をしてフィルタをすると1分もかからずにアンインストールするアプリを探せます。

office 365のアカウント情報にも、「teams」のインストール項目もないし、どうして?と思ってしまいました。

 

ソフト単体で販売しているマイクロソフトは学生向きや教職員向けに優待プログラムも多いので、その一環で無料バージョンがインストールされるのかもしれません。

どういった理由かよりも、ユーザーをもっと重視してほしいなというのが正直な感想。

microsoft office 365 ビジネスはインストールライセンスが多くて便利で利用している人も多いと思いますが、microsoftの都合で自動インストールされるのは止めてほしいですよね^^;

不要なソフトがインストールされると、悪用されたのかと不安になる人も多いと思います。

家庭用ではほとんど利用しないと思うので、サクッとアンインストールしてスッキリ削除しちゃいましょう。

2019/5/22現在不具合もでていないので、問題ないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました