【専門医に聞いた】ホワイトニング歯磨き粉は白くならない?魔法の言葉の現実

ホワイトニング歯磨き粉 白くならない
この記事は約5分で読めます。

医師監修やオススメとなっているとホワイトニング用の歯磨き粉を使えば、自宅でも真っ白な芸能人のような白い歯を手に入れられる!とウキウキな気分になる人もいるかもしれません。

かかりつけ歯科医に聞いてみたんです。

先生、広告で歯が真っ白になる歯磨き粉あったので使って見たいのですが、白くなります?

実際歯科医やホワイトニングの専門医に聞くとホワイトニングの「歯磨き粉じゃ、白くならない」という答えが返ってきます。

実はホワイトニングという言葉に魔法がかけてあり白くなると思わせてしまうんです。

もしもホワイトニングを謳う歯磨き粉で、歯を白くしたいと考えたらまずどうしたいのか具体的にイメージすることで選ぶべき方法が変わってきます。

歯科医から聞いたホワイトニング歯磨き粉の効果について詳しくまとめました。

ホワイトニングの定義と歯磨き粉の効果について

ホワイトニング歯磨き粉には効果がある、ないという意見もあるようですが、「効果がない」とお話しいただきました。

その理由は医師免許を持っている歯科医師が行うホワイトニングは、医薬部外品の薬剤を用いて行うため自宅で行うホワイトニング剤とは成分が異なるため。

ホワイトニングの定義とは?

上述でも記載しましたが、ホワイトニングの定義をはっきりさせてから行うことがよいそうです。

そもそもホワイトニング定義があやふや。歯科医や専門医が考えるホワイトニングと一般人が考えるホワイトニング自体の定義が異なっています。

歯を漂白する

歯の漂白

薬液を利用した施術=歯科医や専門医による薬液による漂白(ブリーチング)という施術

デメリット=時間がかかる、薬剤で刺激があることも、施術が飲食ができない、経年劣化する
メリット=ホームケアで白さを維持や保持ができる、比較的安価

審美歯科

審美歯科

ラミネートベニヤ=高額だけど歯の変色もなく、短時間で白くでき、白さも思いのまま

デメリット=高額、歯を削る
メリット=短期間で歯が白くなる、変色や経年劣化しない

歯磨き粉

歯磨き粉

歯磨き粉は、ホワイトニングではなく着色汚れを除去できるものという位置付け。

頑張って磨けば黄ばみが取れたかな?という程度なんだそう。

たしかに歯の色は、主観的に感じる視覚的なもので数値化が難しく判断しにくいですよね。

アットコスメやアマゾンで販売しているホワイトニング歯磨き粉を見ても「効果がある」、「効果ない」という極端な口コミに分かれてしまうのかも。

ホワイトニングでしっかり白くする効果を実現させるには、歯科医や美容歯科などの専門医で施術しかないそうです。

50万件以上の症例実績と全額160医院以上

無料カウンセリングを受けてみる

 

歯科医に聞くと説得力ありましたね。歯を白くしたいと願うなら、専門家に施術してもらうのが最短で希望の白さも実現できる。

それでも真っ白にしなくても、自然な白さや着色や黄ばみケアはできれば嬉しいな〜と思いますよね?

聞いてみました。市販のホワイトニング歯磨き粉でオススメありませんか?

先生!市販のホワイトニング歯磨き粉でオススメありませんか?

歯磨き粉でケアでき期待できる効果もわかったのでオススメがあれば知りたいですよね。

そこでネットで『歯科医おすすめ』という歯磨き粉から3種類選択し聞いてみました。

  • オーラパール
  • ルシェロホワイト
  • ブリリアントモア

GCルシェロホワイト

ルシェロホワイト

まず患者さんに抜群に評判がいいのが、
GCルシェロホワイト

とくに着色汚れに目的を絞って開発された歯磨き粉で
使ったその日に効果を実感できた方もいるんだとか!

患者さんからの評判がいいのでGCルシェロホワイトが効果が期待できるホワイトニング歯磨き粉と言えそう。

ブリリアントモア

ブリリアントモア

次はブリリアントモア

ブリリアントモアはライオンが製造している、着色汚れの除去を目的としたホワイトニングを謳う歯磨き粉。

研磨剤が入っているからやりすぎると歯が削れたり、歯茎痛めることもあるからやりすぎ注意らしいです。

 

ルシェロホワイトの評判がいいので、ブリリアントモアは時点の2位。

オーラパール

オーラパール

歯茎からの出血を抑えらえる成分が入っており、歯肉炎の予防にもなるよとのこと。

着色汚れよりも歯茎ケアに趣が置かれているそうです。

 

ステインや着色汚れに効果が期待できるのは、GCルシェロホワイト、ブリリアントモア、オーラパールという順番となりました。

手磨きよりも電動歯ブラシの方が着色汚れはきれいになるの?

現代では電動歯ブラシを使っている方も多いと思います!ソニッケアーやオーラルビー、ドルツが人気!

上記で紹介してもらった歯磨き粉と組み合わせたら効果も倍増!、あっという間に歯がピッカピカにきれいになるのか聞いてみました!

残念ながら、上記で教えてもらった歯磨き粉と電動歯ブラシは使わないようにとのこと。

着色や汚れを取るために電動歯ブラシは手磨きよりも物理的にも有効な手段になるそうです、ただし使い方や研磨剤入りを選ぶと歯が傷つきやすくなります。

一時的にきれいになったと思っても、細かい傷に汚れが付着しやすくなり、結果的に歯が汚くなるんです!

電動歯ブラシを利用する際は、最低限研磨剤が入らない歯磨き粉をセレクトするのが第一条件ですね。

まとめ

ホワイトニングの定義をハッキリ持ち、効果をどこまで望むのかがポイント。

歯をしっかり白くしたい=専門医によるホワイトニング

黄ばみを落とし自然な白さにしたい=歯磨き粉をホワイトニング向けのものへかえる

結果を急ぐ人には向かない方法となりそうです。気長に根気よく使えるというのも条件として追加できそうですね。

いかがでしたか?

ホワイトニング歯磨き粉はそもそも白くなりません。

誤った認識で購入して、大事な記念日や記録が残る撮影でがっかりしたくはありませんね。

ホワイトニングを理解し、希望の色を目指してみてましょう。

専門医で施術を受けても、放っておけば色は元どおり。歯磨きをしない人は皆無だと思いますが、歯磨き粉でケアをするのは常識的な範疇で手軽で簡単な方法と言えそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました